理想的なペット葬儀を希望!成功させるために必要なポイントを一挙に解説

このサイトでは理想的なペット葬儀を成功させるために、必要なポイントを解説してます。
葬儀で持参したほうがいいグッズや関連性がある法律についても詳しく紹介してます。
近年は、ペットも大切な家族の一員としてセレモニーを行う人やお墓をたてる人も増えました。
形も専門の業者へ依頼して自宅で火葬を行ってから遺骨を受け取るなど、様々なプランを用意されてますが安易に選ぶと望んでいたのと違ったということになるので、気持ちよくお見送りするためにも、チェックすることはあります。

理想的なペット葬儀を希望!成功させるために必要なポイントを一挙に解説

理想的なペット葬儀を行う時に欠かせないことが業者選びで、火葬も合同・個別一任・個別立ち合いなどがあり立ち合いや収骨が出来るか、サービス内容・料金なども違ってます。
ペット葬儀のプランも棺・返骨の時の骨壺などの用具を含んでいるか、併設されている施設・料金などもチェックポイントで、霊園・納骨堂・共同墓地など自宅以外で供養を考えているなら確認しないといけません。
他に定期的に僧侶が読経して慰霊祭を行っているかや、スタッフも愛玩動物葬祭プランナー資格保持者や、協会や団体などに所属していると実績が豊富で信頼できることが多いです。

依頼者がペット葬儀の当日にやること

これまで一緒に歩んできた大切なペットが亡くなってしまったら、多くの方はペット火葬や葬儀を行うでしょう。
最愛のペットが安心して天国に行けるようペット葬儀を行うために、依頼者が当日やることを紹介したいと思います。
まずは、ペット葬儀に入る前に亡骸を納棺をすることから始まります。
納棺は業者があらかじめ準備してくれる棺や、もしくは自宅で事前に用意した箱に入れて火葬することも可能です。
その際、棺の中に生花の茎や葉っぱの部分を切り取って入れてあげたり、ペットが生前好きだったものやおやつなどを一緒に入れてあげるのも良いでしょう。
生花に関して避けるべき花はないので、ペットに似合うポップな花や色鮮やかな花を選ぶことが出来ます。
最後にお別れの時間をとった後は、出棺して火葬へと進みます。
火葬炉は場所によっては依頼者が立ち合えるところもある他、立ち合いが辛いという方は手前でお別れすること可能です。
火葬が終わったらペットのご遺骨を家族が骨壷に納めて、お墓に納骨するか自宅に持ち帰ります。

ペット葬儀で保健所に連絡が必要なケース

"

人間が亡くなった場合、自治体に死亡届を提出して火葬許可証を受け取る必要がありますが、ペットの死については基本的に自治体に届け出を提出する必要はありません。
そのため、そのままペット葬儀を行うことができますが、犬だけは各自治体の保健所に死亡を届け出る必要があるので注意が必要です。
犬は他のペットとは異なり、狂犬病の予防接種が義務付けられていますが、予防接種を受けないと20万円以下の罰金が科されることになります。
愛犬の死についての連絡を怠った場合、保健所は犬が生きているものとして狂犬病予防のお知らせを郵送してくることになりますが、その通知を無視すると予防接種を受けなかったと見なされて罰金が科されてしまう恐れがあります。
したがって、愛犬が亡くなった際はペット葬儀を行うだけでなく、自治体への連絡も怠らないようにしましょう。
なお、死亡届の提出期限は30日以内となっているケースが多いものの、提出期限は各自治体によって異なるのでしっかりと確認しておくことが大切です。

"

ペット葬儀を安心して任せられる業者の特徴

ペット葬儀はデリケートな行事なので、さまざまな配慮をしてくれる業者を選ぶことが大事です。
しかし、選択の段階で悩んでしまう人も多く見受けられます。
そこで欠かせないのが上記のような業者の特徴を知っておくことです。
最初の接客が丁寧であることを確認しましょう。
このステップでいい加減な接し方だとい、ペット葬儀全体がそうであると考えられます。
また、見学を積極的に呼びかけているところも候補に入れてください。
自信があるからこそ可能な行為であり、サービスに関してもハイレベルであることを期待できます。
見学を申し込んでも快い返事を得られない場合は、そこに固執することなく他をあたりましょう。
最終的に重要になるのは、担当者と相談したときの受け答えです。
契約を急かそうとするのではなく、こちらが納得するまで向き合ってくれるなら安心です。
1度目の対面で決めるのではなく、少なくとも2回は会って対応の変化を確かめることが大事です。

ペット葬儀を予約する方法や時期について

ペット葬儀はどのように予約するのか、その方法や時期と利用の流れについて気になったり知りたいものではないでしょうか。
ペット葬儀の予約自体は電話ですぐにでも入れられますし、予定が詰まっていたり時間が遅くなければ、当日中に火葬を済ませることも可能です。
仮にもし電話の時間が遅かったとしても、翌日に火葬ができる可能性は高いので、特に心配する必要はないです。
標準プランに含まれていないオプションを追加したり、オプションに取り寄せが必要な場合は別ですが、標準的な内容のペット葬儀で構わなければ待たされずに済みます。
Webサイトを公開しているペット葬儀社であれば、電話だけでなくメールやフォームでの問い合わせにも対応していますが、すぐにでも利用したい時は電話が最も簡単に手続きできます。
時期についてはペットが息を引き取ってから、なるべく早く相談先を決めて連絡をするのが正解です。
夏場は遺体が傷みやすく、冬でもそう長くは保ちませんから、傷んで可愛そうなことになる前に連絡や手続きを済ませるのが良いのではないでしょうか。

人気のペット葬儀の情報を集めることも大切

ペットが長生きすると、人間と同じような病気にかかることもあり、動物病院での定期検診を受けることも大切なポイントです。
新しいルールが作られるなど、ペットへのマイクロチップや予防接種など、ペットのための情報収集をしっかりと行っていくことが求められます。
ペット葬儀の情報収集を行っていくときに、人気の専門業者は他社ではなかなかできないことを実施する場合もあるため、ペット葬儀の情報収集をしっかりと行うことが基本です。
それぞれの業者の特徴を把握してから決めていけるように備えていくことは重要になります。
ペット葬儀の情報収集を進める中で、終活に役立つ情報発信を行ってくれる業者もあり、ホームページをチェックすることや資料請求を行っていくことも必要です。
移動式の火葬車もありますし、ペットのことを考えたお墓など、希望する内容で進めていくことができる柔軟な対応が可能な業者を見つけるための比較を行っていくことをおすすめします。

ペット葬儀はどのような流れで行われるのか

小さなペットの葬儀を行う場合、人間と同じなのか悩むことがあります。今執り行われることが多くなったペット葬儀では人間と同じように火葬や読経、お焼香が行われており、基本的に人の葬儀と変わりはありません。
ペット葬儀の流れは、まずペットの体を清めて柔らかいものを敷いた箱などに安置します。その後ペット葬儀会社に連絡をし、予定を具体的に立てていきます。
通常ペット葬儀会社の方で迎えの車を用意してもらえるので、用意でき次第車を呼び、火葬場へ向かいます。
火葬の際には読経やお焼香が行われ、さらに副葬品としてティッシュなどに包んだおやつを入れます。火葬後はペットのお骨を骨壺に収骨し、お墓に埋葬するか、自宅へ持ち帰ります。
ペットは人のような厳密なルールはなく、いつまでも身近にお骨を置いておいても問題はありません。
ですが気持ちの整理をつける意味でも一定の期間が過ぎたら納骨をするのが良いでしょう。
なお犬の場合は亡くなってから30日以内に死亡届を提出する必要があります。

ペット葬儀を行う場合どのような手続きが必要なのか

大切なペットが亡くなりペット葬儀を行う場合、どのような手続きをしたら良いのか悩むことがあります。
基本的にペットは人間のように死亡届や火葬届などは必要ありませんが、ペットが犬や特定動物などの場合はしっかりとした届けが必要となります。
犬の場合はペット葬儀会社に申し込みをするだけでなく自治体や役所へ30日以内に届け出をしなくてはなりません。
これは狂犬病の予防の観点から義務付けられているからです。またライオンや輪に、鷲など人に危害を加える可能性がある動物も都道府県の条例があり、それに従って届を出す必要があります。
ペット葬儀に関しては特に手続きは必要がなく、業者に依頼をして執り行っていきます。自治体などでも火葬を行うことができますが、一般廃棄物として取り扱われてしまうためお骨を取り出すことや立ち会うことはできません。
しっかりと最後のお別れをするにはペット葬儀会社に依頼をするのが良いでしょう。金額は高めになりますが、24時間対応していることも多く、さらに希望にそった供養を行うことが可能です。

ペット葬儀の際の服装は、人間の葬儀と同じでよいのか

家族と同じように過ごしてきたペットが亡くなった場合、きちんと送り出してあげたいと考えます。近年ではペット専門のペット葬儀を行うケースが増えており、利用する人も増えています。
ペット葬儀には個別で火葬してもらえるケースと、他のペットとともに火葬を行うケースに分かれており、納骨方法も合祀か個別かを選ぶようになっています。
個別で火葬する場合人と同じように火葬場にてお骨にし、その後お骨上げが行われます。そのためペット葬儀を行う場合は服装に注意しなくてはなりません。
人間の葬儀のように厳密な決まりはないため、喪服を着用する必要はありませんが、黒もしくはグレーなど控えめな色のものを着用します。
さらに毛皮など殺生をイメージするようなコートや靴、鞄なども身に着けません。靴もヒールが高いものは控える方が無難ですし、ネックレスも身に着けない方が良いです。
なお人と同じ場所で納骨を行う場合は、他の人への配慮として喪服を着用すると良いでしょう。

ペット葬儀を検討しているのなら口コミをチェック

大切な家族を亡くし悲しみに暮れている中でも考えなければいけないのが葬儀です。これはペットにも同様であり、人間とは勝手が違うことから、どこに依頼すればいいかわからないという人が多いのが実情です。
ペット葬儀を担当してくれる場所は年々増加の傾向にあり、中には悪質なペット葬儀社もありますので事前の確認が大切です。
同じように大切な家族を亡くしペット葬儀をしたという人達の口コミがとても役に立つでしょう。
同じ立場ですので、実際にどのような対応をしてもらったのか、価格はいくらかなど気になる情報がたくさんあります。
中には悪い口コミなどを目にすることもあるでしょう。価格が想像以上に高かったとか追加で料金を請求されたなどのトラブルは数多くあります。
悲しい時により辛いことや悲しいことが起こらない為にも、実際に利用した人たちの声を参考にすることが大切です。
ただし良いことしか書かれていないサイトなどは、業者が書き込んでいる可能性もありますので注意しましょう。

ペット葬儀に関する情報サイト
ペット葬儀の豆知識

このサイトでは理想的なペット葬儀を成功させるために、必要なポイントを解説してます。葬儀で持参したほうがいいグッズや関連性がある法律についても詳しく紹介してます。近年は、ペットも大切な家族の一員としてセレモニーを行う人やお墓をたてる人も増えました。形も専門の業者へ依頼して自宅で火葬を行ってから遺骨を受け取るなど、様々なプランを用意されてますが安易に選ぶと望んでいたのと違ったということになるので、気持ちよくお見送りするためにも、チェックすることはあります。

Search